危険なドッグフードの原材料について

前へ
次へ

日本は、ペッドフードの安全基準が人間用程確立された法律がありません。
安心安全なドッグフードがあるのと同じように、犬にとって、危険なドッグフードも出回っている事は否めません。
では、危険なドッグフードとは、どのような原材料が使われているものでしょうか。

まず、肉食寄りの雑食である犬にとって、重要な原材料は、肉です。
ドッグフードの材料表示には、含まれる原材料の多い順に明記することが決まっています。
この肉が、何の肉なのかがはっきりと明記されていないものは、危険と言わざるを得ないのです。
鶏肉、鹿肉、馬肉などと、はっきりと、何の肉なのかが明記されているものは、信頼できるドッグフードと言えます。
しかし、肉類や、肉由来、ミート、ミールなどと明記されているものの、肉とは、人間では到底食べる事の出来ないような粗悪な肉が含まれている可能性があることを知っておくべきです。

粗悪な肉とは、病気や事故で死んでしまった動物の肉や、腐った肉の事を示します。
また、肉と言っても、骨が混ざっていたり、爪や、毛、内臓や、排泄物なども混ざっている場合も考えられるのです。
酸化防止剤や、保存料、添加物の使用の有無も危険なドッグフードなのかの目安になります。
BHAや、BHT、エトキシキンなどの表示は、避けたい化学物質の名前です。
発がん性の可能性があるものや、防虫剤の役割を果たすものなのです。
エトキシキンは、人間用としては使用不可の成分です。

また、材料の一番初めに穀類が明記されているものも、犬が穀物アレルギーを引き起こす要因になります。
雑食とはいえ、もとは肉食である犬は、穀類の消化は苦手としています。
苦手な穀類が多く含まれているものを食べ続けると、アレルギーを引き起こしやすくなるのです。
一概には言えませんが、安価なドッグフードには、粗悪な肉が使われている事が多いです。
粗悪な肉を使うと、においや味をごまかすために、添加物を使用する頻度も増えると言えます。
危険かどうかを見分けるためには、正しい知識を身につける必要があります。


ページのトップへ戻る