手作りドッグフードの作り方について

前へ
次へ

市販のドッグフードに安全性が得られなかったり、同じドッグフードばかり与えていることに引け目を感じたりした場合に考える事は、ドッグフードの手作りではないでしょうか。
手作りドッグフードは、どのように作ればよいのでしょうか。
手作りドッグフードを作るにあたって、最も気を付けなければならない事の一つは、犬にとって食べてはいけないものを使用しないという事です。

犬が食べてはいけないものは、たくさんあります。
代表的なものに、ユリ科の野菜が挙げられます。
タマネギや、長ネギ、ニンニク、ニラなどがそれに当たります。
タマネギなどを与えると、犬が貧血を起こしてしまいます。
しかも、食べてすぐに反応が出るものではなく、2、3日経ってから症状が現れるので、ただの体調不良に間違われやすいので、注意が必要です。
タマネギのエキスが溶け出したスープなどでも症状は出るので、コンソメスープなども有害と言えます。
他にも、チョコレートは、中毒症状を起こすために特に危険です。
生の肉や、魚も寄生虫がいる場合もあるので、良くありません。
手作りをしてあげるのならば、必ず火を通しましょう。
調味料も、犬にとっては不要のものです。
塩分の摂りすぎは、病気の原因になります。
濃い味に慣れてしまうと、薄味を食べなくなるので、あげない事が賢明と言えます。

手作りフードだけで、飼育するとなると、本格的に栄養バランスの勉強をして配合を考える必要があります。
犬にとっても、栄養のバランス健康で過ごすためには必要だからです。
たまに手作りフードをあげるのであれば、肉や、魚をメインに、できるだけ調味料を使わずに、素材の味を生かした調理方法が適切な作り方です。
栄養バランスを考えて、野菜などをプラスするのも良いでしょう。
また、消化が苦手な穀類や、繊維の多い野菜などを、すりおろしてあげたり、細かく刻んだり、柔らかく煮込んだりとひと手間かけるだけでも、犬に優しい食事になります。

手作りのドッグフードだからと言って、特別に構えて作る必要はありません。
与えてはいけない食べ物を避けて、調味料を使わなければ、人間の食事のように愛情を込めて作ればいいのです。
手作りの餌を与える事で、犬との絆もより一層深まる事でしょう。


ページのトップへ戻る