粗悪なドッグフードの特徴

前へ
次へ

犬を飼っているならば、ドッグフードを選ぶときには、犬の健康を守れるドッグフードを与えてあげたいと思うはずです。
残念ながら、日本のペットフードの安全基準の法律は甘いものとなっています。
粗悪なドッグフードを与えてしまわない為には、正しい知識が必要です。
人間と一緒に暮らしてきた歴史から、雑食になった犬ですが、もとは肉食の動物です。
犬は、穀類の消化が得意ではないという事を知っておく必要があります。

ドッグフードのパッケージには、材料が表示されています。
表示されている順番は、配合の多い順に明記することが決まっています。
一番初めに穀類の名前が記入されているドッグフードは、価格を抑えるために、穀類が多用されているものです。
穀類を食べ過ぎると、アレルギーになってしまう場合もあるので、注意が必要です。

では、肉という名前が一番初めに表示されていればよいのでしょうか。
答えはノーです。
肉類や、肉由来、肉を連想させるミートや、ミールなどの表示にも注意が必要です。
肉類とは、何の肉が使われているのか分かりません。
肉のどの部分を使っていても、腐った肉でも肉類と表示されるからです。
肉由来や、ミートや、ミールという言葉に惑わされても行けません。
病気になってしまったり、事故死した動物の肉を使っても、肉以外の骨や内臓、爪や毛、あるいは、ごみなどが混ざっていた場合でも、そのような表示をされる事があるのです。

一番初めに表示されるものには、鶏肉や、馬肉など、何の肉か確実に明記されているものを選ぶことが重要です。
その他にも、酸化防止剤や、着色料、保存料が多用されているものも粗悪なドッグフードと言えます。
肉類などの表示されているドッグフードは、味をごまかすために、添加物が多く含まれている事も特徴の一つです。
犬にとって不必要な化学物質が入っているものも避ける必要があります。

価格が安すぎるフードなどは、原材料費を抑えるために、粗悪なものを多用している可能性が高いと言えます。
また、人が食べるものではない等の文言が表示されているものは、人間が食べては有害なものが混ざっているとも言えます。
粗悪なものを選ばない為には、表示内容の確認が必要と言えます。


ページのトップへ戻る