栄養バランスのとれたドッグフードとは

前へ
次へ

犬も人間と同様にバランスの取れた食事をすることが健康の維持につながります。
では、栄養バランスの取れたドッグフードとはどういったものなのでしょうか。
人間も栄養バランスが崩れると、体調を崩すように、犬にも栄養バランスは大切です。
犬と人間では、体のしくみが違います。
人間と比べると、炭水化物よりは、タンパク質を欲します。
人間の主食が炭水化物のように、犬の主食はタンパク質だととらえると分かりやすいでしょう。

タンパク質の他に必要な栄養素としては、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、人間と種類はほぼ同じと言えます。
犬にとって大事な栄養素のタンパク質は、肉や、魚などから取る動物性のタンパク質が適しています。
穀類にもタンパク質は含まれていますが、犬は本来肉食の為に、穀類の消化が苦手です。
苦手な穀類を摂取し続ける事で、穀物アレルギーを引き起こしやすくなります。
また、植物性のタンパク質は、動物性よりも栄養を取り込みにくいのも理由の一つです。

ドッグフードの成分表示は、材料の多い順に明記するルールがあります。
一番初めに、犬が最も欲している動物性のタンパク質である肉の名前が明記されているものが最低条件となります。
このほかにも、ミネラルやビタミンなどが含まれているものが理想的です。
すべてがバランスよく配合されているドッグフードを見つけて与えられると理想的ですが、ドッグフードには犬との相性もあります。
栄養バランスが取れていても、体質的に向かないものもあるかもしれません。
そんな時には、いくつかドッグフードを用意して、ローテーションすることで、栄養バランスを整えてあげるという方法もあります。

手作りフードで、自分で栄養バランスを一から整えて与えるという方法もありますが、豊富な知識を要し、手間もかかります。
犬に必要な栄養素を理解して、バランスよく配合されたドッグフードを見つけて与える事が犬にとっても、飼い主にとっても重要と言えます。


ページのトップへ戻る