減塩にこだわったドッグフードとは

前へ
次へ

犬も人間と同じで、塩分を必要とする動物です。
塩分が不足すると、体調不良を起こします。
しかし、過剰に摂取しすぎると、様々な疾患を起こしてしまう可能性が高まります。
塩分過多にならないように、また、心疾患などの病気を持つ犬の為にも、減塩にこだわったドッグフードが注目されています。

犬には味覚があります。
人間の食べものを与えると、調味料がふんだんに使われている為に、犬にとっては、刺激的な味で、癖になってしまいます。
そうなると、普通のドッグフードの食いつきが悪くなり、味の濃いものを好むようになってしまいます。
味が濃いものを好むようになってしまうと、犬でも人間のように、生活習慣病になってしまうリスクが高まってしまうのです。

味の濃い食べ物は、食欲が増し、過剰に摂取してしまいがちになってしまうので、肥満にもつながります。
生活習慣病や、肥満予防のためにも、減塩のドッグフードが発売されています。
心臓病を抱えた犬にも、減塩のドッグフードは有効とされています。
塩分の過多は、心臓病には負担になると考えられているからです。
病気を抱えつつも、少しでも長く飼い主と共に過ごしてもらいたい場合などに、減塩にこだわったドッグフードは活躍します。

一般的に塩分が低くなると、味が薄くなるので、食いつきも悪くなりがちですが、最近の減塩ドッグフードは、素材の味を生かすなどの企業努力により、食いつきを悪くせずに塩分を控えて与える事ができる商品もあります。
ある程度の塩分は、犬にとっても生きるためには必要なものなので、塩分不使用ではなく、減塩という形で発売されています。

病気の療養や、病気の予防、肥満防止などの為に、減塩にこだわったドッグフードは有効と言えます。
犬も人間も、食事に気を付ける事は、健康を保つためには大切な事です。
食事と共に、散歩など適切な運動を組み合わせる事で、犬の健康を維持して、飼い主とのステキな時間を少しでも長く共有したいものです。


ページのトップへ戻る